名古屋大学 評価企画室

評価企画室>室について

室について

室の活動

スタッフ

リンク集


名古屋大学











室について


室長メッセージ

名古屋大学は中期目標として「大学運営の透明性を確保し、的確な自己点検・評価に基づく情報公開を積極的に行い・・・」と謳っている。法人となった大学、それを構成する各部局、そして部局の構成員である各個人への評価が階層的になされ、評価結果を運営改善に活かさなければならない時代に入っている。そこでは各構成員の教育、研究、社会貢献等の活動の状況や学内運営への貢献度等が詳細に調査され、客観的な指標に基づいて評価される事が前提であり、これなくしては組織の自己点検・評価は成り立たない。
名古屋大学評価企画室は、全国の大学に先駆けて、名古屋大学に設置された評価情報分析室が発展的に改組され、平成16年10月1日に設置された。部局を通じて各個人の活動状況調査を徹底し、収集基礎データの分析を介して自己点検・評価に活かすにとどまらず、分析結果を基に名古屋大学の持つ個性と問題点を絞り上げ、個性の伸展法や問題点の改善指針を示すことによって、法人としての大学の運営・管理部門の支えの役目を果たす事が当室の最も重要な責務と考えている。


評価企画室規程

(設置)
第1条 名古屋大学(以下「本学」という。)における全学の計画・評価に関し必要な情報の収集,調査及び分析並びにそれを踏まえた企画の支援業務を行うため,本学に,評価企画室を置く。
(業務)
第2条 評価企画室は,前条の設置目的を達成するため,次に掲げる業務を行う。
一 計画・評価に係る情報の収集,調査及び分析並びにそれを踏まえた企画の支援に関する事項
二 名古屋大学計画・評価委員会等(以下「委員会等」という。)への情報提供及び委員会等から依頼された専門的実務に関する事項
三 計画・評価のためのマネジメントシステムの開発・運用に関する事項
四 その他本学の計画・評価に関し必要な事項

(室長)
第3条 評価企画室に室長を置く。
2 室長は,本学の教授又は准教授のうちから総長が任命する。
3 室長は,評価企画室の業務を掌理する。

(副室長)
第4条 評価企画室に副室長を置くことができる。
2 副室長は,次条第1項の室員のうちから室長が指名する。
3 副室長は,室長の業務を補佐する。

(室員)
第5条 評価企画室に室員若干名を置く。
2 室員は,本学の大学教員のうちから総長が任命する。 3 室員は,室長の指示に従い,評価企画室の業務に従事する。

(事務)
第6条 評価企画室に関する事務は,関係部課の協力を得て,総合企画室が行う。


附 則
この規程は,平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成16年9月27日規程第293号)
この規程は,平成16年10月1日から施行する。

附 則(平成18年3月29日規程第148号)
この規程は,平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月28日規程第106号)
この規程は,平成19年4月1日から施行する。